Logo

 2018年 4月12日 『モニュメント建築』

ニューヨーク、ワールドトレードセンターの隣接地に建設された『オキュラス』は、トランスポーテーションハブ(駅舎)及びショッピングモールがある複合施設です。オキュラスとは、ラテン語で『目』という意味だそうです。 2016年にスペインの建築家 サンティアゴ・カラトラバにより設計されました。

空に向かって飛び立とうと翼を広げた鳥の骨格のような外観で、平和の象徴である白い鳩のようにも見えました。
この特徴的な骨格が、そのまま建物の構造になっています。意匠が構造であり、構造が意匠でもあり、どれが柱なのか梁なのか分からないデザインになっています。
建物の中心にある地下のホールには、天空から光がふりそそぎ幻想的で、その荘厳さは教会の礼拝堂を感じさせます。
この巨大な施設は、店舗数が約150あり、毎日の通勤による駅利用者が約30万人、年間で約1500万人の観光客が訪れ利用しているそうです。

近代建築(モダニズム建築)は、機能主義、合理主義の建築であり、19世紀以前の様式建築やモニュメントにまとわりつく権力性や顕示性を否定することから始まっています。
今回訪れたオキュラスは、現在の建築になかなかない、機能性より、建物の形やその存在に大きな意味のある、建築だと感じました。

探訪日: 2017 / 11
探訪者: 柳川 実理
所在地: アメリカ ニューヨーク

 2018年 1月13日 『経済的合理性に裏打ちされた建築』

ハイラインは、ニューヨークのマンハッタン南西側にあった高架貨物鉄道跡を公園に転用した再開発事業です。
トレンディーなショップやレストランが立ち並ぶミートパッキングエリアから、アートギャラリーが並ぶチェルシーという街までの約20ブロックにも及ぶ長い公園です。現在では、年間訪問者数がメトロポリタン美術館に次ぎ2番目の440万人と、ニューヨークを代表する観光スポットです。

地上約10mの空中庭園の遊歩道からニューヨークの街を眺められ、所々にベンチや劇場型の展望エリアが設置されています。また、低く抑えられた植栽のデザインが統一され、魅力的な植栽計画でありながらも周辺の風景を損なわない配慮がなされています。
そして、何よりも感動したのは、ニューヨーク市長の鉄道撤去の決定を「覆している」ことです。この背景には、ハイラインの保存および運営活動を行っているフレンズオブハイラインが行った、再開発を行うことで生まれる不動産価値の向上、緻密な施設の維持・管理計画、ボランティアによる積極的な利用・運営など、中長期計画の明確な提示があげられます。

活動の第一歩は、「思い」だと思いますが、「思い」だけでは活動を継続することができません。活動の継続には、必ずシステムが必要です。

ハイラインを訪れてみて、新たな施設が周辺環境に及ぼす影響を考慮した、維持、管理、運営のシステムがうまく経済にリンクすることが非常に重要だと改めて感じました。

探訪日: 2017 / 11
探訪者: 柳川 実理
所在地: アメリカ ニューヨーク

 2017年11月17日 『1次産業(資源)×2次産業(加工)×3次産業(流通・販売) =6次産業』

白州蒸留所は、サントリーウイスキー誕生50周年を記念して1973年、山梨県北杜市白州町に建設されました。蒸留所の一部は、ウイスキーの製造工程を見学できるように計画され、見学ツアーやウイスキーを美味しく飲むレクチャーも受けることができます。また、ウイスキー博物館が併設されており、ウイスキーの歴史なども学べます。

ウイスキーの生産地にこの場所が選ばれたのは、南アルプスの山々をくぐり抜けきたミネラルを含むキレの良い軟水を確保できることが大きな理由だったようです。その為に、自然豊かな広大な土地の確保、及び維持管理を続けているそうです。

限られた資源の中でどう豊かな生活をおくるかを考えてみると、高付加価値化が一つの方法であると思います。モノの値段を上げるのではなく、商品の取り巻く環境(ストーリー)を販売することで、モノに新たな価値を付加できます。 サントリーは、飲料品メーカーの仕事を『飲料品を製造する』から、『資源の生産から消費者の口へ届くまでのストーリーを販売する』に変えたのではないでしょうか。

建物を生活資源と定義してみると建設産業は一次産業だと思います。今回、白州蒸留所を訪れてみて、建築家の仕事もどうあるべきなのかを考えさせられました。

探訪日: 2017 / 05
探訪者: 柳川 実理
所在地: 山梨県 北杜市

 2017年10月31日 『森の中の美術館「クレラー・ミュラー美術館」』

クレラー・ミュラー美術館は、オランダの中央部、オッテルロー村にあります。
設計は、オランダの建築家ヴィムG・クイストにより1977年に完成しました。

アムステルダムの駅から鉄道で1時間、バスを乗り継ぎ1時間の小旅行です。 デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園の中にこの美術館はあります。

森の中にさりげなく置かれた現代彫刻に招かれながら、木立に囲まれたまっすぐなアプローチを抜けると、ミースやジョンソンの代表作品「ガラスの家」を彷彿させるシンプルで透明感のあるデザインが目に飛び込んできます。

この鉄とガラスの建築は、内外を一体化させた開放的な緑の美術館です。 従来の閉鎖的な展示空間を伴った、建築そのものが強い個性を放つ美術館ではなく、森の木立と同化することで、展示作品をより良く鑑賞できる空間となっています。森の中でゴッホの「糸杉と星の見える道」に出会えます。

まさに「森の中の美術館」でした。

探訪日: 2006 / 06
探訪者: 柳川 賢次
所在地: オランダ オッテルロー

 2017年 9月29日 『「見せ方」から「見え方」へ』

「国立新美術館」は、2002年に黒川紀章 氏によって設計され、2007年に開館しました。そして、国立美術館で唯一コレクションを持たず、常設展示を行わない美術館です。展示会の開催・情報収集およびその公開・教育普及を主な目的とした新たな美術館のあり方を示しています。

この建築物の大きな特徴としては、なんと言ってもその外観です。垂直に設けられたガラスの壁面と水平に設けられたガラスのルーバーで外壁のカーテンウォールが構成されており、その外壁が複雑な自然曲線(フラクタル曲線)になっています。そして、水平のガラス板には、水玉のドット模様がエッジングされており、その模様により日射遮蔽を行っています。 内部の特徴としては、ロビーに配置されている大きな逆円すい型の鉄筋コンクリートのコーンがあげられると思います。床面積が上に行くほど広がり、下に行くほど狭くなる形状の特徴を生かしながら、上にレストランを配置し、下のロビー・スペースを極力邪魔しない配慮がなされています。また、吹抜けのある大空間にあっても、床に吹出し口を設けることで、人の利用域のみを空調するとても効率的な設備計画となっています。

昨今、写真の専用のアプリを利用して撮影するなど、「見せ方」の工夫が盛んになっていますが、何か違和感を覚えます。 モノの「見せ方」を変えるのではなく、モノの「見え方」を変えることでそのモノの新たな特徴を発見することや、そのモノの価値を再認識できることに意義があるように思います。

今回、国立新美術館を訪れてみて、利用者や自然環境に配慮しながら、いろいろな企画が実現できる場になっており、モノの「見え方」の重要性に気づかせてくれるすばらしい建築物であると感じました。

探訪日: 2016 / 04
探訪者: 柳川 実理
所在地: 東京都 港区六本木

 2017年 8月18日 『自動車が創り出す物語』

メルセデス・ベンツ博物館は、シュトゥットガルトの郊外にあります。設計は、オランダの建築家ユニット ベン・ファン・ベルケンとカロリン・ボスにより2006年に完成しました。

建物は9層で内部は二重らせん構造になっていて、各フロアーはゆるやかなスロープでつながっています。 入館者はまず、近未来を体感しながらエレベーターで最上階まで運ばれます。 到着すると、まるでタイムマシーンの扉が開かれたように自動車の創成期が目の前に現われます。らせん状の経路(スロープ)に沿いながら自動車が創り出す時間旅行が始まります。 それぞれの展示物(自動車)固有の技術や歴史、伝統を展示し、あらゆる角度 (上下左右)から眺めることが出来ます。その配置や照明などの工夫も素晴らしい。

スロープが創り出す連続空間を進むうちに、人はいつのまにか展示物の前を通り過ぎます。展示物は(自動車)は動かず、動くのは人間です。

過去から現代そして未来へと、これからも絶えまなく続くであろう「自動車が創り出す物語」は、「人間が創り出す物語」そのものではないでしょうか。

探訪日: 2015 / 01
探訪者: 柳川 賢次
所在地: ドイツ シュトゥットガルト

過去の建築採集   ・・・2018・・・2017・・・2016・・・